2012年 03月 08日

平塚系 タンメン@花水ラオシャン本店

小田原の次は、平塚といきましょう。


はっきり言って、このラーメンの存在すら知らなかったです!
平塚出身の山瀬まみは大好物だそうです。


ラオシャンとは、「老郷」ということらしいです。平塚駅方面には、老郷の本店と駅前に老郷があるみたいで、平塚市内のみに点在しているようです。

訪問は、花水ラオシャン本店。平塚らしく、ベルマーレの旗が…・
a0177651_0535677.jpg

独特のシステム。通り側には、待合スペースがあり、そこで注文するようです。いつも、混んでいるので、お客は必ずここで待たされます。

メニューを見てびっくり。
タンメン 350円。そして、「タンメンはお酢の入ったスープです・・・・」と。

a0177651_0541172.jpg


謎の入り口・・・・これも入り口みたいです。(常連さん専用)

a0177651_054246.jpg


きたーーー!!餃子。周りはカリッと中はジューシー、熱くてやけど必至!
a0177651_05437100.jpg


湯気の雰囲気が、勢いを示してます。

これが、平塚式タンメンだ。


他では絶対味わうことができない、もはや、ラーメンというジャンルを超えている。

酸っぱいラーメンですけど、スープと絡んで独特の味わい。癖になります。

古くは、中国の地方で食されたシンプルな汁麺(湯麺)の原型であるという人もいる。
初代老郷主が戦争で中国に渡っている時に現地の人が色々な料理に酢を入れて食べるのをヒントに編み出されたタンメンという説もアリ。

a0177651_0544997.jpg


一応、わかめトッピングは、大半の方が注文する黄金メニュー。(老郷では、デフォでわかめは入っているようです)

素で楽しんだ後は、特性ラー油で味付け。

うまい!
a0177651_055454.jpg



すっかり虜になってしまいました・・・・


2店の食べ比べは、こちらのブログも参考になりますので、ご紹介しておきます。

花水ラオシャン本店

老郷本店
[PR]

by mekatokei | 2012-03-08 00:52 | ラーメン


<< 興味の方向      小田原系 ワンタンメン@むら田 >>